ISHIRO!

音信不通状態だった「ISHIRO!」が気まぐれ再開。いつまで続くやら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

24時間リレーマラソン(まだ17時間半だけど)

午前10時スタート。本当に暑かったです。
午前10時、スタート!


夕方にはコニカミノルタの皆さんも浴衣姿で登場

夕方はコニカミノルタの皆さんも浴衣姿で


浴衣姿で走る参加者もけっこういました

浴衣で走る参加者もたくさん


午後8時(スタートから10時間)には花火も

午後8時には花火も


午前0時(スタートから14時間)を過ぎたのですが(画像右下に時計)皆さんまだ元気。真ん中の大きな照明のすぐ左には転々と、富士山の登山道に見える灯りが。

24時を過ぎても皆さんまだ元気

スポンサーサイト
  1. 2006/07/16(日) 01:41:58|
  2. 陸上
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人はなぜ走るのか?

・・・などと言うと、えらい難しいことを書くかのようですが。
ブログを開いて早々に、半月ほど書き込みが飛びましたが、今は時間がたっぷりあるので。

今、山梨県富士吉田市の富士北麓公園陸上競技場にいます。日付が変わって午前0時半ごろになりますが、ここは標高1000mほどということもあって、夜になってから一気に涼しくなりました。心地よい風もあるし。
夜中に競技場にいるというのも不思議な話ではありますが、ここには今、2000人くらいの人がいます・・・と書くとなおさら不思議な感じ?

この土日、ここで「24時間リレーマラソン」というイベントが開かれています。1チーム6~12人で編成し、24時間交代でひたすらタスキをつないで走り続けるというもの。15日(土曜日)の午前10時がスタートだったので、今はスタートから14時間半ほど経ったところ。フィニッシュは16日の午前10時。今は夜中とはいえ、まだレースは中盤です。
このイベント、ランナーズの主催で数年前から行われていたそうですが、このブログにも書いたように今年からコニカミノルタが「ランニングプロジェクト」の一環として協賛。さらに私の会社もいろいろご縁があって今年から共催となっています。なので、僕は「共催社の担当記者」として会場に来ています。
原稿を書く上では、要所の時間帯だけ立ち会っていればいいのですが、これだけ大勢の人たちが夜通し走る光景というのはどういうものなのかが見てみたくて、僕も朝までいようかな、と思って。夕食のために少し会場を抜けましたけどね。こりゃ持たないと思ったら途中で寝るかもしれませんし。

24時間走り続けるという狂った(?)大会に、なんと208チーム、総勢2110人が参加しています。公園内の約1.6kmのコースをひたすら周回していて、スタート時はギンギンに晴れていて強烈に暑かったので、みんなこの状態で最後まで持つのかな?と思ったのですが、そんな心配は無用だったようです。皆さんやたら元気なんですよ。チームによって、また人によって速い遅いの違いこそあれ、とにかく自分のペースでしっかり走ってる。
しかも、すごく楽しそうです。走ること自体が楽しいんだろうし、雰囲気を楽しんでる感じもします。走る服装はほとんど制限がないようで、仮装もいろいろ。着ぐるみを着ている人もいれば、いろんな飾りや小道具をつけている人もいるし、裸に赤褌という人も。どうやったら楽しく走れるか、みんな自分なりの楽しさを考えてるのがよくわかります。夕方には浴衣ランの時間というのもあったのですが、浴衣を着る人がすごく多くてびっくりしましたし。
昼間はずっと音楽が流れていましたし、フィールド内やトラック横のステージでもいろいろなサブイベントがあってにぎやかだったのですが、夜8時からは音楽もアナウンスも止まったので、要所だけが仮設の灯りで照らされたなか、参加者たちの声援や会話の声と、自家発電機のモーターの音と、タイムを計測するチップを感知する音の中で、レースだけはしっかり続いています。

24時間も走り続ける。しかもこんなに大勢が。なんでここまでして走るかなあ、と考えていたのですが、なんとなく浮かんだ答は「理由なんかない」というものでした。走るのが好きとか、チームの仲間と励ましあいながら一つのことを成し遂げる充実感とか、イベントに参加する楽しさはいろいろあるのでしょうが、走ることそのものの理由となると、そんなものは存在しなくて、ただ、とにかく走ってるだけなんじゃないかな、と思ってみたり。
たぶん走ることそのものには理由なんていらないんですよ。だって理由がなくても走れるんだもん。理由とか目的は後からついてくるものなんですよね、きっと。
・・・というとても無責任な思考になっているのは、昼間の暑さにヤられたせいかもしれません。とにかく昼間は暑かった。顔や腕がメチャメチャ焼けました。
ランナーズの方と話していて、一つ意見が一致したのは、「日頃は着られない衣装をここなら堂々と着られるのが楽しさの理由の一つかも」ということ。面白いことに女物の衣装を着た男性ランナーがけっこう多いんですよ。チャイナドレスとか、チアガールの衣装とか、セーラー服とか。仮装の人が多いので、そんなカッコで走ったりウロウロしてても違和感がないんですが、日頃はそうそうできるものじゃないですから、隠れた願望を叶えるのには絶好の機会なのかもしれません。ミニスカート系だと走りやすいのかもしれないし?

夜の時間つぶしというか、眠気ざましを兼ねてこのブログを書いているうちに、もう午前1時過ぎに。スタートから15時間あまり。夜を乗り切るのが大変ですが、でもなんとなくフィニッシュまでが見えてきた感じもしています。
24時(スタートから14時間)の時点で、トップのチームは139周、222.4kmを走破。ほぼ1時間に10周=16kmのペースで走っています。最終的に250周すると400kmに届くんだけど、今のペースではちょっと厳しいかな?
トラックの周りの芝生のスタンドには、各チームのテントがズラリと並んでいて、走ったり応援していない参加者はテントで休んだり寝たりしています。リピーターのチームになると、装備もいろいろしっかりしていて、快適に過ごせるように工夫されているようです。夜中のレースの進め方も戦略がいろいろあるようで、交代でしっかり仮眠を取れるようにオーダーや分担の時間を決めているところが多いようです。

忘れないように書いておきますが、この大会ではコニカミノルタのスタッフや選手の皆さんも大活躍。走ったり、サブイベントに出演したりとフル回転しています。日頃恵まれた環境で、勝つために走っているコニカミノルタの選手たちは、生き生きと走り続ける参加者の姿を見て、何を感じたんでしょうか・・・
  1. 2006/07/16(日) 01:17:07|
  2. 陸上
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本選手権混成競技

24~25日は、金沢で開かれた日本陸上競技選手権の混成競技に行ってきました。

男子十種競技では田中宏昌(モンテローザ)が7803点の大幅自己新+日本歴代3位+世界選手権B標準突破で3連覇。女子七種競技は中田有紀(日本保育サービス)が5811点の、こちらも世界選手権B標準突破で5連覇しました。
日本の混成競技で男女そろって世界選手権の標準を超えたのは初めてのことです。雨も降るという天気予報が見事にはずれて、天候も風にも恵まれた好条件になったこともあり、他にも自己記録を更新した選手が多く、内容的には非常に充実した、見ごたえのある大会になりました。

十種の7800点台は、日本記録(7995点)保持者の金子宗弘さんが96年に出したのを最後にずっと出ていなくて、今回の田中が10年ぶりでした。
最大の見所は棒高跳。自己タイの5m00を一発で跳んだ後、混成競技の棒高では日本で誰も跳んだことのない5m10も2回目に成功。ここまで来ると十種を見ているということを忘れそうになりますね。
田中も七種の中田も、最後の1500mや800mでも粘り強く走って、7800点台や5800点台に届くために必要な記録をしっかりクリア。そこに、2人とも気持ちの上で充実した戦いができたことが現れたとも感じました。

大会の結果は良かったのですが、「盛り上がった」とは言えないのが残念なところ。今年は日本選手権から混成競技が切り離され、混成だけの大会となりました。地元の中学や高校の大会の日程との関係もあってサブイベントが一切なかったので、競技は十種と七種だけ。スタンドにいた人も土日とも100人足らずで、ほとんど選手の関係者か、混成競技と何らかの関係がある方だったと思います。十種や七種をじっくり見ることができたという意味では面白かったけど、競技場の雰囲気は静かで、少しさびしい感じがしたのも事実です。

ここで、いつも僕なら「運営側の努力が足りない」などと言うのかもしれませんが、今回はそうとばかりは言えません。というのも、今大会では僕自身も多少のお手伝いをさせていただいたからです。事前の準備作業も若干関わらせていただきましたし、大会当日はアナウンスのお手伝いをしました。
ある程度の事情を知っている立場から言えることは、日本陸連や石川陸協の、実務に関わった方々は、皆さん相当にがんばって準備や運営に当たっておられたのは間違いありません。特に、選手が気持ちよく競技をするための配慮は、外からは見えない部分も含めて、普段の混成競技の大会に比べれば格段になされていたと思います。
ただ、スタンドがガラガラで、「盛り上がった」と言える大会ではなかったのは厳然たる事実。これをどうするかは、今後考えたり変えるべき点がいろいろあるとも思いました。
そのへんの話は、また後で、もしくは僕が毎月書かせていただいている陸上競技マガジンのコラム「ISHIRO'S EYE」で触れたいと思います。

僕自身は、初めて大きな大会のアナウンスをさせていただきました。毎年恒例になっている「エブリバディ・デカスロンin愛知」などと違い、好き勝手なアナウンスができる大会ではないので、いろいろ迷うところもありましたし、反省も山ほど。多くの方からいろいろなご意見やご指摘もいただきました。日頃の記者として外から見る立場でなく、運営側に入って中から見ることで、初めてわかることもありましたし、貴重な経験をさせていただきました。
最近、アナウンスは大会の盛り上げ、さらには陸上ファンを増やすための要素として非常に重要視されています。今回、僕のような「ヨソ者」にお声をかかったのも、その流れがあったから。僕のような陸連や陸協に直接関わっていない「外部」の人間に対してなら、皆さん意見や批判も言いやすいと思うので、どうせならどんどん本音を出してもらって、それを今後のアナウンスや大会運営の改善のための材料にしていただければいいな、と思っています。

2日間、フィールド上で立っている時間も長かったので、けっこう疲れました。でも疲れた一番の原因は、アナウンスをしたことでも、立っていたことでもなく、2日間ずっと慣れないスーツを着ていたことにあったと思います。僕が見慣れないカッコをしているので、競技場では会う人、会う人に片っ端から指摘されました^^;

今週末=30日から2日は、神戸で日本陸上競技選手権。ひとあし先に混成の選手たちががんばったんだから、神戸に臨む選手も奮起してくれることを期待したいと思います。陸連さんも観客向けのサービスや演出などをいろいろ考えているようだから、今までとは一味違う大会が楽しめるのではないでしょうか。

ということで、最初から(というか例によって)長々とすみません。

<すみませんが現役選手は敬称略で。>
  1. 2006/06/27(火) 12:05:32|
  2. 陸上
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

ISHIRO

Author:ISHIRO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。