ISHIRO!

音信不通状態だった「ISHIRO!」が気まぐれ再開。いつまで続くやら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

18年ぶり

復活最初の書き込み、いきなり長いです。
自分にとって貴重な体験の記録なので。

最近、巷でランニングブームが起きているようですが、
僕も、ちょっと走っています。
2年くらい前から、たまに走っていたのですが、
今年に入って、走る頻度をちょっと増やしました。

そうは言っても、せいぜい週に3回くらい。
時間も距離も大したことなくて、ブームに乗ってるとまで言えません。
走ること自体が目的というより、体の脂身を少し落としたいな、というのと、
脚筋力とか基礎体力を、できる範囲で保ちたい、というのが目的なので。

そして一昨日、15日の日曜日ですが、久々の感触を味わいました。
ナンバーカードをつけて走ったのです。
クロスカントリーなどという、久々にしては無謀な感じもするレースで。

ナンバーカードをつけたのは、大学院の2年目の秋、最後の十種競技をやった時以来。
ということは・・・18年ぶりくらいになるかなあ。(トシがバレる・笑)

千葉市の昭和の森へ、千葉国際クロスカントリー大会の取材に行ったのですが、
国際大会の前には千葉県の高校のレース、さらにその前に市民のレースが開かれています。
そのこと自体は何年も前から見ていて知っていたのですが、
今年になって、市民のレースは千葉市民に限らず、誰でも出られるということを知りました。
それも、参加受付は当日の朝で、400円の参加料を払えば走れるという、とても気楽な形だと。

毎年、千葉クロカンの取材に行くと、芝の起伏を楽しむのと、コースの状態を知るのを兼ねて、
朝のうちに、のんびりジョッグでコースを回るのを恒例にしていたのですが、
そんなに気楽に出られるなら、レースで走ってみるのもいいかな、と思って、トライしました。

僕が出られるのは、高校・一般男女3000m。
元気な男子高校生から、女性ジョガーまでが一緒にスタートするという、懐の広い(?)レース。
朝8時50分ごろ、受付で「一番遅い人でどのくらいかかるものですか?」とお尋ねしたら、
「毎年18分くらいの人はいるよ」とのお話だったので、それよりは速く走れそうだと思い出場を決断。
印鑑を押した申込書と400円を出したら、ナンバーカードと安全ピンをいただきました。

ナンバーカードは1枚だけ。「胸につけてください。終わったら返してくださいね」
コールはあるんですか? 「ありません。スタート時間にスタートラインに来てもらえばいいですよ」
ほんとに気楽。こういうレース、いいなあ。18年ぶりのオッサンにも優しい感じです。

その後に報道受付も済ませて、プレスルームの隅っこで着替え。
Tシャツにナンバーカードをつける時、ちょっと気持ちが引き締まりました。
陸上をやっていた学生時代を思い出す、久々の感触でした。

そしてアップ開始。軽くジョッグする程度ですが、いつもより体が重い感じで、進まない。
たかが3000mといっても、こんな状態でクロカンなんて持つのかなあ、とちょっと心配。
しかも周りを見渡すと、気合いの入った速そうな方もいるし、イキのいい高校生もいるし。
まあ、例年ののんびりジョッグの代わりなんだから、と思い直して、マイペースで行くことにしました。

スタート前には、「記録は8位までしか計りません。あとは自分の時計で計ってください」と説明が。
あ、ホントにゆる~いレースなんだと再認識して、気持ちがほぐれました。
前の方は高校生や気合いが入った方々に譲って、2mくらい後ろからスタート。
でも、時計はピストルと同時に押しましたよ。

結局、13分21秒でフィニッシュしました。
ほぼ1500m×2周だったので、1周目は抑えて、2周目に少し上げられたらな、と思っていたものの、
そんな余裕はなく、ラスト500mくらいで気持ちペースを上げた程度でした。
でも、最近走っていても、速くてもキロ5分ペース×30分=6kmくらいがせいぜいだったので、
自分にとってはかなり速いペースだったのだと思います。

後で、いろいろな方に「坂はきつかった?」と聞かれたのですが、
僕のレベルでは上りも下りも関係なくて、どこを走ってもキツいという意味で、感覚が一緒でした。
というより、走っていて周囲の人と比べながら、自分は下りが下手なことに初めて気づきました。
ロードと違って弾まないので、しっかり走らないと進む感じがしないのも、素人にはキツい。
長距離選手にとってクロカンの練習が土台作りに有効だというのが、よくわかりました。

ナンバーカードをつけて走ったのは学生時代以来ですが、
トラックでないところを走ったレースは、小学校のマラソン大会くらいしか記憶にありません。
間近に観客がいるというのは、トラックではありえない、不思議な感覚でした。
僕の前後を走っている人へ向けて、知り合いの方から声援が飛ぶと、自分も気合いが入りますね。
中には、走っている全員へ向けて、絶えず応援してくださる方もいて。
ああ、こういうのもランニングの楽しさなんだな、と実感しました。ブームの一因がわかった気がします。

フィニッシュした後は、ナンバーカードをはずして返却。
そして、完走証と、アミノバリューをいただきました。
20090218XC.jpg
自分で名前を書き込んでとっておく、なんてことはしないとは思いますが、
ナンバーカードをつけたカッコの写真を撮り忘れたので、代わりの証拠ということで。

400円の参加料以上に楽しませてもらった感じですが、
じゃあ、次はどこかのロードレースに出てみようか・・・という気持ちには、まだなってないです。
むしろこのクロカンを走りながら、「これじゃ俺にはロードのレースはまだ早いな」と思いました。
もう少し走るのに慣れて、距離を伸ばして、体の脂身も落ちたら、考えてみてもいいかな。

それよりも今の興味は、「今1500mを走ったら6分を切れるか?」というところにあります。
十種の最後に走っていた種目なので、それが今はどの程度なのか、知りたい気持ちがあって。
6分という数字にあまり意味はないんですが、がんばり具合の目安ということで。

でも、そんなのいつ、どこで試すんだろう?
スポンサーサイト
  1. 2009/02/18(水) 01:19:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

復活?

2年半もほったらかしにしておりました。
その間、書かなかったばかりか、自分ではこのブログを見ることもほぼゼロ。

ですが、なんとなく思い出したので、また書いてみることにします。

これだけほったらかしにしていれば、さすがに見る人もほとんどいないと思うので、
自分の記録用という感じで、気楽に書けるかな、とも思ったり。

いつまで続くか、何回書くのか、わかりませんが・・・
  1. 2009/02/18(水) 00:15:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

為末大の「ハードラー進化論」

7月5日(水)の毎日新聞朝刊スポーツ面(九州・山口地区を除く)に、為末大くんの直筆コラム

「為末大のハードラー進化論」


が掲載されます。内容は・・・読んでのお楽しみということで。為末くん自身が自分の言葉で自分の走りなどについて書いてくれているので、とても面白いです。
ぜひ読んでください! できれば新聞を買ってください(笑)。毎日新聞を定期購読いただけるならさらに歓迎! その際は、私のところでもご購読の手配をお引き受けしていますのでご一報を・・・
なお、為末くんのコラムは毎月第1火曜日の掲載を予定しています。
  1. 2006/07/04(火) 18:24:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジア大会陸上代表(第1次決定分)

◇第1次発表分=7月3日決定
◇マラソン(3月決定)と合わせて計45人に
◇残る代表枠13人は今後の記録等も加味して9月下旬に決定
◇リレーは男女とも4x100mR、4x400mRの両方にエントリーする方針

【男子】
▽短距離
塚原 直貴(東海大)
小島 茂之(アシックス)
末続 慎吾(ミズノ)
高平 慎士(順大)
金丸 祐三(法大)
山口 有希(大阪ガス)
堀籠 佳宏(富士通)
▽中距離
小林 史和(NTN)
▽ハードル
内藤 真人(ミズノ)
田野中 輔(富士通)
成迫 健児(筑波大)
▽競歩
森岡紘一朗(順大)
山崎 勇喜(長谷川体育施設)
▽跳躍
醍醐 直幸(富士通)
澤野 大地(ニシスポーツ)
藤川 健司(筑波大)
仲元 紀清(福岡大)
▽投てき
畑瀬  聡(群馬綜合ガードシステム)
室伏 広治(ミズノ)
土井 宏昭(ファイテン)
村上 幸史(スズキ)
▽混成
田中 宏昌(モンテローザ)
▽マラソン=3月決定済み
大崎 悟史(NTT西日本)
入船  敏(カネボウ)

【女子】
▽短距離
信岡沙希重(ミズノ)
石田 智子(長谷川体育施設)
高橋萌木子(埼玉栄高)
久保倉里美(新潟アルビレックス)
木田 真有(北海道ハイテク)
▽中距離
杉森 美保(京セラ)
吉川 美香(パナソニック)
小林祐梨子(須磨学園高)
▽長距離
福士加代子(ワコール)
杉原 加代(パナソニック)
大南 博美(トヨタ車体)
▽ハードル
吉田真希子(ナチュリル)
▽競歩
川崎真裕美(海老沢製作所)
▽跳躍
青山  幸(大阪陸協)
池田久美子(スズキ)
花岡 麻帆(office24)
▽投てき
綾  真澄(丸善工業)
海老原有希(国士大)
▽混成
中田 有紀(日本保育サービス)
▽マラソン=3月決定済み
小幡佳代子(アコム)
嶋原 清子(資生堂)
  1. 2006/07/03(月) 10:18:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

日本選手権!

あす(30日)から神戸・ユニバー記念競技場で日本陸上競技選手権があります。
出場資格が拡大(地域選手権の優勝者は必ず出場できる、など)されたこともあり、エントリー数は延べで1000人を突破。トラックでは男女とも100m~800m、110mH(100mH)、400mHで準決勝があるなど、かなりにぎやかな大会になるようです。

暑さ対策で長距離種目が19時前後と遅めに設定されたこともあり、競技は3日間とも午後の開始。これまでよりも集中的にいろいろな競技を観戦することができるタイムテーブルになっています。

昨年の大会で観客動員が不振だった反省や、来年の世界選手権に向けた盛り上げの必要性などを考えて、日本陸連や兵庫陸協、関係の方々も観客向けにいろいろと工夫や努力をされているようです。
入場料も昨年のほぼ半額(チケットの種類によっては半額以下)に。3日間通し券が当日売りでも一般2000円、高校生1000円なら、それほどサイフは痛まないですよね・・・?
競技場内ではFMラジオによる解説放送「Athlete-FM」もあります。FMが聴けるラジオを持っていって、81.2MHzに合わせれば、100m日本記録保持者の伊東浩司さんはじめ各種目の専門家の解説が聴けるとのこと。ぜひラジオを持っていきましょう。あ、僕も忘れないようにしなきゃ。

地上波でのテレビ中継は、第2日(7月1日・土)と最終日(7月2日・日)のいずれも16時05分~18時にNHK総合で。

詳しくは日本陸連のHPに日本選手権特設ページがあるようなので、そちらをご参照ください。

・・・って、僕が日本選手権の宣伝をしてどうする(笑)
ちなみに僕は初日は別の仕事の関係で行けないのですが、第2日=7月1日から参戦します。ある程度の時間まではスタンド記者席、決勝種目が立て込んでくれば取材エリアでウロウロしていると思います。よろしくお願いします。

ちなみに、ドーハアジア大会(12月)の代表の第1次選考分は、7月3日午前に神戸で開かれる日本陸連の臨時理事会で決定、発表されます。原則として日本選手権優勝者のうちアジア大会でしっかり戦えるレベルの記録を残している選手が、この日に決定される対象となります。
残りの代表は9月中旬ごろまでの記録も参考にしながら選考。日本オリンピック委員会(JOC)から示されている陸上の代表枠は58人(男子30、女子28)です。
  1. 2006/06/29(木) 09:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

Author:ISHIRO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。